logo.png

発現解析アプリケーションガイド:
RNAシーケンスが研究を加速


次世代シーケンサーの登場により、発現解析の主流はマイクロアレイからRNAシーケンスへと移行しています。RNAシーケンスにより、これまでマイクロアレイでは難しいとされてきた新規転写産物の検出や定量、さらにはホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)サンプルのような分解サンプルからの発現解析も行えるようになり、その可能性が拡がっています。本アプリケーションガイドでは、RNAシーケンスワークフローに加え、さまざまなアプリケーションについて、リード長やリード数などの推奨ラン条件やサンプルあたりのランニングコストを解説しています。


右のフォームから簡単にダウンロードできます。
皆様のご研究にぜひお役立てください。

サイズ:1MB
形式:PDF 

ダウンロード方法
下記のフォームに必要事項をご記入の上、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。
完了後、自動でPDFのダウンロードが開始されます。
※ 半角記号はご利用いただけません。